古物商の免許を取得する方法

古物商の免許を取得する方法

古物商の免許を取得する方法 古物商とは、中古品の売買をするのに必要な免許です。免許を取得をするには、営業をする場所にあたる所轄の警察署に出向き、古物商担当の窓口に出向いて必要な書類をもらって記入と提出物について説明を受けます。証明書を全て揃えて窓口で提出できます。インターネットができる環境であれば、記載に必要な文書ファイルがダウンロードできます。しかし、初めて申請する場合には書き方が難しい場合がありますので、面倒でもいったん窓口に出向いて説明を受けた方が間違えにくいです。身分証明書と印鑑を持参すると手続きがスムーズです。
個人の場合と法人の場合で揃える物が違いますので注意してください。法人の場合は、会社の登記簿謄本も提出するように求められます。申請の際は住民票と身分証明書及び破産者や被保佐人等の登記がされていない証明書等が必要となり、自治体や法務局で証明書を用意する必要があります。また、古物商を申請する方と管理者が同じ人であれば申請をする方の分のみとなりますが、別に管理者を置く場合はその人の分の書類も必須です。提出窓口は説明を受けた部署と同様です。

古物商とは許可を受けて古物の販売を業とて行う者のことです

古物商とは許可を受けて古物の販売を業とて行う者のことです 古物商とは古物(中古商品)の仕入れや販売などを、事業として行う者のことです。いわゆる古道具屋や古本屋、リサイクルショップや中古CDショップ、金券ショップや中古車販売業者などがこれに該当します。日本では古物商は登録免許制となっており、都道府県の公安委員会に届け出を行って、営業の許可を受けることが必要になります。これは盗品の販売を防ぐことが主な目的であり、申請に必要な手続等については古物営業法という法律により、その詳細が定められています。

実際の古物商営業の申請については、店舗の営業地域を管轄する所轄警察署の生活安全課に対して手続きを行うことになります。必要な書類を揃えて申し込むと通常は1ヶ月程度で営業が認められ、古物商としての事業を始めることができるのです。公安委員会からは申請者に対して、手帳型の許可証(鑑札)が交付されます。さらに番号等を記載したプレートを別途作成して、店舗の見える位置に表示することが義務付けられているのです。